子供と一緒にカブトムシを育ててみませんか?

子供たち

こんにちは!

今日は、子供と一緒にカブトムシを育てるという素晴らしい経験について
お話したいと思います。

突然ですが。
男の子って、めっちゃ虫好きじゃありません?
男の子のママなら通る道?!

そしてママ達!
全く虫が得意ではないですよね(遠い目)
むしろ無理!
絶対同じ気持ちのママ達多いはず!

でもダンゴムシに始まり、バッタ、
そして、見た目がかっこいいカブトムシに辿り着く訳なんですよ・・・
我が家も避けて通れなかった。

2年前。
「カブトムシの幼虫いらん?爆誕してさ~」
そんなママ友の悪魔のささやきを無視したかったのに、
息子の喜ぶ顔が思い浮かんでしまったんですよね。

そして私たち家族は、
エンドレスなカブトムシサイクル活動
に身を投じてしまいました( ´∀` )

でも!かぶとむしを育てる活動を通じて、
家族の絆を深め、命の尊さを学ぶ機会を得たんです!

この記事を読んで、
子供と一緒にかぶとむしを育てる楽しみを感じていただければ幸いです♪

カブトムシ育成のステップ1:準備

まず、カブトムシを育てるためには。
カブトムシを手に入れることから。

成虫なら7~9月に手に入ります。
オスメスを同じかごにいれてたらメスが産卵します。

卵から育てて行くのが感動的でおススメです。
なぜなら、
カブトムシって、卵→幼虫→さなぎ→成虫と、
1年かけてものすごく体が変化するのでとても神秘的なんです!

我が家は友達からもらった幼虫スタ-トでした。
しかも12匹ももらうことに。
このフォルムがうじゃうじゃと・・・・(泣)

苦手な方はここで引き返してくださいね!




でも、幼虫からうまく成虫まで育ったのが5匹なので、
12匹もらっていてよかったのかもしれません(^^)

あと準備するのは飼育ケース、飼育マット、昆虫ゼリ-、
朽木や枯葉(公園で拾ってきてもOK)、
そして何よりも、愛情です。

飼育ケースは、適切な大きさと通気性があり、
かぶとむしの成長に合わせて調節できるものを選びましょう。
虫かご1つに幼虫を何匹も押し込めちゃうと、
小さい幼虫になってしまいます。
我が家は3つの虫かごで育てました。

また飼育マットは、市販の飼育マットを使用するのが一番簡単で安全です。
幼虫期にはたくさん飼育マットを食べるのでとても土が必要。
糞もたくさんするので、
糞をふるいで取って、古い土と新しい土を混ぜて、
水分もしっかり加えます。(手で握れるくらい)
幼虫にも成虫にも使えるこの土を使ってます。

【7/4 20:00〜7/11 01:59 エントリーでポイント7倍】フジコン 昆虫飼育マット 幼虫・成虫用 [飼育マット カブトムシ クワガタムシ] 10L 【お一人様2点限り】


三晃商会 CLEAN CASE クリーンケース(M)(305×195×232mm) プラケース 虫かご 飼育容器 関東当日便

成虫になったら、
昆虫ゼリ-(カブトムシはかなり大食いです)
ゼリ-置き場、
ひっくり返った時に起き上れる朽木、葉っぱ(公園で拾ってきてもOK)、
等があったらいいですね。
起き上がれる木がないと、体力なくなって死んじゃうそうです!


昆虫ゼリー ミタニ 超うま蜜50 16g 50個入り 関東当日便


マルカン 平型エサ皿 1カップ クワガタ カブトムシ 昆虫ゼリー エサ皿 16g用 関東当日便

かぶとむし育成のステップ2:飼育

次に、カブトムシの飼育について説明します。
カブトムシの生命周期は以下のサイクルとなります。

  1. 卵期(7月 – 8月):成虫のメスは、産卵のために適切な場所を見つけます。
    通常、腐った木や飼育マットの中に卵を産みます。卵は約1ヶ月で孵化します。
  2. 幼虫期(8月 – 翌年6月):孵化した幼虫は、食物として腐った木や飼育マットを食べながら
    成長します。この期間は、かぶとむしの生涯で最も長い期間で、
    約10ヶ月間続きます。この期間中、幼虫は3回脱皮を行い、体の大きさを増やします。
  3. サナギ期(翌年6月 – 7月):幼虫が十分に成長すると、サナギになるために土中に穴を掘ります。
    サナギ期は約1ヶ月間続き、この間に幼虫は体の形を変え、成虫の形に変わります。
  4. 成虫期(翌年7月 – 9月):サナギから成虫が出てくると、その生涯は約2ヶ月から3ヶ月間続きます。交尾と産卵のためにエネルギ-が使われます。

カブトムシの大きさは、
幼虫期にどれだけ広いスぺ-スでおいしい土を食べたかで
決まります。
大きいカブトムシにしたければ、
秋が勝負です!

1月くらいからは冬眠に入るので、
ほとんど動かなくなり、
飼育マットの交換は必要ありません。
暖かくなるまで「放置」でOK!

ただし、飼育ケースの中の湿度と温度を
適切に保つことが重要ですので、
ご注意を。

さなぎになって、
成虫になって土から出てくる週間は、
虫が苦手な私でもすごく感動しました!

ニョキニョキ

かっちょいい~!

土の中に卵発見!

カブトムシ育成のステップ3:観察

カブトムシの育成は、
子供たちにとって素晴らしい学習の機会だと思います。

カブトムシの成長を観察することで、
子供たちは生命のサイクルや自然の驚異を学ぶことができます。

うちの息子は、
この本を片手に毎日何分も観察してました。
とっても分かりやすいですよ。

かぶとむしはどこ? (かがくのとも絵本) [ 松岡達英 ]

土をかえる時は、
それはそれは愛でながら虫を手に乗せて
戯れてました(^^)

いやぁ、しかしカブトムシって
めちゃくちゃかっこいいんですよね。

我が家は2週目の成虫誕生です。
もうすでに卵を産んでますので3週目がはじまります・・・
(もはやブリ-ダ-やん)

ちなみに、
我が家にはオオクワガタのオスとメスもいます。
カブトムシの成虫は長くても2カ月ですが、
オオクワガタは長生きするので、もう3年です!
飛び回らないし、おとなしくてめちゃくちゃ可愛いですよ。

最後に、カブトムシの飼育は、生命の尊さと自然の驚異を教えてくれる素晴らしい機会です。
子供たちにとって、これほど価値のある経験は他にはありません。
子供と一緒にかぶとむしを育てることは、家族全員にとって楽しく、
教育的な経験です。
この記事が、家族でかぶとむしの飼育を始めるきっかけになれば嬉しいなと
思います♪
我が家と一緒に是非育てましょう!

タイトルとURLをコピーしました